読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

【独自】子育て給付金の申請不要に、マイナンバー活用し直接支給…政府方針

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 政府は、経済的に困窮する非課税の子育て世帯への給付金について、早ければ6月下旬から該当者の銀行口座などへ直接支給する方針を固めた。マイナンバーを活用することで申請手続きが不要となる初めての給付事例としたい考えだ。迅速で簡便な支給につなげる狙いがある。

課税情報で支援世帯確認 デジタル法案成立後

 給付金は3月、新型コロナウイルスの感染拡大による困窮世帯への対策として支給が決まり、給付に向けた作業が各自治体で進んでいる。子ども1人当たり5万円で、住民税非課税のふたり親世帯などが対象となる。

 ただ、2020年の所得を確認し、非課税に該当するかどうかなどを判断する必要があり、支給作業には多くの時間が必要となる。該当する場合の申請手続きなどで、手間がかかることも予想されている。

 政府はこうした状況を踏まえ、各自治体がマイナンバーにひも付けられた世帯の課税情報などを確認し、対象に該当するかどうかをより迅速に把握できるようにする方針だ。児童手当などを受け取っている口座が登録されていれば、世帯からの申請なしで給付金を直接振り込めるようにする。

 国会では現在、マイナンバーの利用促進に向けたデジタル改革関連法案が審議されている。法案が成立すれば、自治体が住民の課税情報などを支給作業に活用することが可能となる。政府は、今回の給付金の支給を初の適用事例としたい考えだ。

 政府は5月中旬の法案成立を目指しており、小規模な自治体では6月下旬にも支給を開始できる見通しだ。対象世帯は約130万世帯を超える見通しで、このうち8~9割で申請手続きが不要になるという。

残り:364文字/全文:1046文字
読者会員限定記事です
新規登録ですぐ読む(読売新聞ご購読の方)
無断転載・複製を禁じます
2003519 0 経済 2021/04/22 15:00:00 2021/04/22 21:31:51 2021/04/22 21:31:51 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/04/20210422-OYT1I50075-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)