【独自】トヨタ、ソフトウェア系人材の採用倍増…中途の割合を5割まで引き上げへ

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 トヨタ自動車が、採用方針を大幅に変更することが分かった。2022年春入社から、技術職の新卒採用(大卒、院卒)に占めるソフトウェア系人材の比率を、21年春入社の約2倍に増やす。年間の入社人数に占める中途採用者の割合は、現状の約3割から、段階的に約5割まで引き上げる。

トヨタ自動車本社
トヨタ自動車本社

 トヨタは伝統的に、機械工学系の学生を多く採用してきた。21年春の場合、技術職として約300人の大学生・院生を採用したが、多くが機械系で、ソフトウェア系は約2割にとどまった。22年春は、ソフトウェア系を4~5割に高める。

 自動車業界では、自動運転技術の開発競争が激化している。インターネットに常時接続している車も増えている。走行を制御するソフトウェアや人工知能(AI)の知識を持つ人材の確保が急務になっている。

 採用の際に、募集職種を細かく分類したうえで、その道に進みたい学生を採用する仕組みも整える。入社後の業務内容をイメージできるようにし、早期離職を防ぐ狙いがある。職務内容や求める能力を明確化する「ジョブ型」の人事制度に近い考え方だが、入社後は、複数の職種を経験してもらうことを想定している。

 中途採用を増やすことについては、「その道のプロ」を採用することで、組織に刺激を与える効果を期待しているという。

残り:491文字/全文:1136文字
読者会員限定記事です
新規登録ですぐ読む(読売新聞ご購読の方)
スクラップは会員限定です

使い方
「経済」の最新記事一覧
2010626 0 経済 2021/04/26 05:00:00 2021/04/26 08:39:55 2021/04/26 08:39:55 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/04/20210426-OYT1I50028-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)