読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

「ほんのりとした鉄の味」…鉄粉使用の「鉄アイス」シャリシャリとした食感

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 金属加工業が盛んな新潟県燕三条地域の企業が、食用の鉄粉をかけた「鉄アイス」の販売を始めた。口にすると、ほんのりと鉄の味がするのが特徴で、新型コロナウイルス禍で低迷する地場産業のアピールを目指す。

「鉄アイス」を紹介する開発者の芳賀聡さん(新潟県三条市で)
「鉄アイス」を紹介する開発者の芳賀聡さん(新潟県三条市で)

 鉄アイスを企画したのは、三条市の農業資材販売「プラスワイズ」常務の芳賀聡さん(42)ら。金物の町の新名物らしく、「鉄のような味と見た目」にこだわった。

 竹炭を練り込んで黒くした県産牛乳のアイスに、氷を混ぜてシャリシャリとした食感を出し、鉄の味を際立たせた。カップの蓋には、ナットや針金切りなどのイラストをあしらい、工場のような雰囲気を出した。

 スプーンや皿など、金属洋食器の国内市場占有率が90%を超える同地域では毎年、町工場が参加する「工場の祭典」が開かれ、観光客でにぎわう。だが、昨年は新型コロナ拡大の影響で、祭典がオンライン開催となり、洋食器や刃物を販売する物産館の来場者も4割減。商談会の中止も相次ぎ、町工場の業績は厳しい。

 芳賀さんは「インパクトのある商品で燕三条を元気にしたい。工場見学を楽しむように食べてほしい」と願う。当面は、三条市の農産物直売所で販売し、ネットでの販売も検討する。税込み400円。

無断転載・複製を禁じます
2011532 0 経済 2021/04/26 12:24:00 2021/04/26 12:24:00 2021/04/26 12:24:00 金属加工の工場をイメージした燕三条鉄アイスと、開発者の芳賀さん(三条市直江町の三条魚市場で) https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/04/20210426-OYT1I50051-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)