韓国や中国と初の自由貿易協定、「RCEP」国会で承認

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 日中韓や豪州、東南アジア諸国連合(ASEAN)など15か国による地域包括的経済連携(RCEP)が28日午前、参院本会議で与党などの賛成多数で可決、承認された。参加国合計の人口と国内総生産(GDP)はいずれも世界全体の3割に上る。日本は中国や韓国と初めての自由貿易協定となる。

 ただ、参加国の多くは国内手続きが進んでおらず、発効時期のめどは立っていない。

 政府は今後、関税の撤廃や引き下げなどができるよう政令改正を進め、今夏にも事務局のASEANへ批准を通知する方針だ。

 シンガポールと中国はすでに批准しているが、発効にはASEAN10か国のうち少なくとも6か国と、それ以外の国のうち3か国が批准する必要がある。

スクラップは会員限定です

使い方
「経済」の最新記事一覧
2017181 0 経済 2021/04/28 12:59:00 2021/04/28 12:59:00 2021/04/28 12:59:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)