読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

「炭治郎」に「ねずこ」、ブランド和牛の子牛命名にもトレンド…世相も反映

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

肥育農家に買い取られ、大事に育てられている「炭治郎」(洲本市で)
肥育農家に買い取られ、大事に育てられている「炭治郎」(洲本市で)

 「炭治郎たんじろう」に「ねずこ」に……。神戸ビーフや淡路ビーフなどブランド和牛へと育てられる子牛に、そんな名がお目見えしているらしい。牛にも人気漫画「鬼滅きめつの刃」ブーム到来か。「昔は親族にちなんだ名が多かった」との証言も。命名にルールやトレンドが? 和牛王国・兵庫の名にかけて、「全集中」で調べた。(加藤律郎)

競り番号だけ

競りに出された子牛を見極める肥育農家たち。この段階では、牛は番号だけで示される(2月、淡路市で)
競りに出された子牛を見極める肥育農家たち。この段階では、牛は番号だけで示される(2月、淡路市で)

 牛版の炭治郎とねずこが登場したのは、2月の淡路家畜市場(兵庫県淡路市)。生後9か月前後の397頭が競りにかけられる中にいた。

 ただ、競り段階では番号で呼ばれるだけ。競り落としたバイヤー(肥育農家)も、人間の住民票に当たる「子牛登記証明書」を交付され、初めて名前を知る。

「炭治郎」「ねずこ」の名前が記された子牛登記証明書=淡路畜産農業協同組合連合会提供
「炭治郎」「ねずこ」の名前が記された子牛登記証明書=淡路畜産農業協同組合連合会提供

 この2頭、漫画と違い兄と妹ではなかった。生産農家としてねずこを出品した同県南あわじ市の男性(49)は「人気があったので名前を拝借しました」と笑った。

 くりっとした目が漫画の竈門禰豆子かまどねずこを思わせなくもない。三重県のバイヤーに、66万6000円で競り落とされた。一方の炭治郎には80万4000円の値がついた。

雌は平仮名

 それにしても、なぜ表記は漫画と同じ「禰豆子」じゃないの? これには秘密があった。全国和牛登録協会(京都市)の県支部などによると「雄は漢字、雌は平仮名と決まっています」。和牛の名は、8字以内。数字も使ってよいそうだ。

 ちなみに乳牛も、32字以内という日本ホルスタイン登録協会(東京)のルールがあるらしい。

 ベテラン生産農家らに聞くと、「以前は命名の際、自身の親族名にちなむことが多かった」。あけみという母がいれば、牛に「あけみ2」――なんて具合だ。

 ただ、近年は「もし早く死んだら縁起が悪いし」と避けられ、人気ドラマやアニメ、有名人などから名を取るのがちょっとしたブームなのだという。

 では、昨年来、淡路の市場で競りにかけられた牛の名をいくつか紹介したい。

 「怒羅衛門どらえもん」。ネコ型ロボットじゃないけれど。

 「舞九大尊まいくたいそん」。強そっ。

 「遠山乃金3とおやまのきんさん」。名裁きの桜吹雪が目に浮かぶ。

 「北三黒きたさんぶらっく」。まさかの競走馬? もはやキラキラネームだ。

 「さざえさん」。お茶の間に愛されそう。

 「きりん」。牛なのに……。そういえば、前作のNHK大河ドラマは「麒麟きりんがくる」だったっけ。

成長願って

 和子牛の競りが開かれるのは、毎月18日。全国に102か所ある家畜市場のうち、県内は淡路、但馬両地区の2か所だ。

 バイヤーらはテーブルの下に設置されたボタンで入札していく。次から次へと競りにかけられるため、狙った子牛を落札するには、リストに記された生産農家の名から親牛の血統を調べるなどして素早い判断が求められる。

 入札価格が低調だと、出品者が自ら落札し、次の機会に再出品することもあるらしい。子牛の名はユニークでも、当然のことながら競りは真剣勝負の場だ。

 新型コロナウイルス禍による需要の減退で、牛肉相場は低迷し、生産者を取り巻く環境は厳しい。それでも、淡路畜産農業協同組合連合会(淡路市)は「牛たちの健やかな成長を願って生産者が名を付け、大切に育てていると知ってもらえれば」とする。

 「炭治郎」を落札した洲本市の坂本正和さん(72)は「漫画から取ったと知り驚いたが、いい名前。立派に育てたい」。牛の炭治郎、「柱」になれるだろうか。

 淡路家畜市場では最近、「勝出567かつでころな」なんて名の牛もいたとか。みんなで打ち勝とう。猪突ちょとつモー進!

無断転載・複製を禁じます
2025863 0 経済 2021/05/02 07:47:00 2021/05/02 07:47:00 2021/05/02 07:47:00 洲本市の肥育農家で大事に育てられている炭治郎 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/05/20210502-OYT1I50000-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)