読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

資生堂、ドルチェ&ガッバーナとの契約解消へ…香水など売り上げ低迷

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 資生堂は、イタリアのドルチェ&ガッバーナと結んでいた生産や販売に関するライセンス契約を年末で解消すると発表した。同ブランドの香水や化粧品などの売り上げは低迷していた。コロナ禍などに伴う市場の変化を踏まえた構造改革の一環となる。

ドルチェ&ガッバーナの香水
ドルチェ&ガッバーナの香水

 資生堂は欧米の香水事業強化に向け、2016年に契約を結んだ。ライセンス料を支払い、世界で同ブランドの商品を生産、販売していた。契約解消後も、最低1年間は生産や販売を継続する方向で検討する。21年12月期連結決算で、商標権の減損などで約350億円の特別損失を見込んでいる。

 資生堂は「TSUBAKI(ツバキ)」などに代表される日用品事業を欧州系投資ファンドに売却することを決めており、事業の選択と集中を進めている。

無断転載・複製を禁じます
2026363 0 経済 2021/05/02 17:56:00 2021/05/02 20:02:29 2021/05/02 20:02:29 資生堂が年内でライセンス契約を解除するドルチェ&ガッバーナの香水 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/05/20210502-OYT1I50046-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)