読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

ベライゾン、米「ヤフー」などメディア事業売却…競争激しく収益伸び悩む

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【ニューヨーク=小林泰明】米通信大手ベライゾン・コミュニケーションズは3日、米国の「ヤフー」や「AOL」ブランドを含むインターネットメディア事業を、米投資会社のアポロ・グローバル・マネジメントに売却すると発表した。売却額は50億ドル(約5500億円)。苦戦するメディア事業を手放し、大規模な設備投資が必要となる高速・大容量通信規格「5G」関連に投資を集中させる狙いがあるとみられる。

ベライゾンのロゴ(AP)
ベライゾンのロゴ(AP)

 ベライゾンは声明で「(売却で)デジタル広告を継続的に成長させることができる」と述べた。今年後半の売却を見込む。

 日本のヤフーは、ベライゾンとの資本関係はない。

 ベライゾンは2017年に米ヤフーの主力事業を買収。デジタル広告事業を強化する狙いだったが、グーグルなどとの競争が激しく、収益が伸び悩んでいた。

無断転載・複製を禁じます
2028953 0 経済 2021/05/04 03:40:00 2021/05/04 20:47:20 2021/05/04 20:47:20 FILE - In this June 12, 2012 file photo, the Verizon logo is seen at Verizon store in Mountain View, Calif. Verizon is selling the segment of its business that includes Yahoo and AOL to private equity firm Apollo Global Management in a $5 billion deal. Verizon said Monday, May 3, 2021, that it will keep a 10% stake in the new company, which will be called Yahoo. (AP Photo/Paul Sakuma, File) https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/05/20210504-OYT1I50021-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)