読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

米ファイザー、ワクチン売上高2・8兆円の見通し…21年に25億回分生産も

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

米ファイザー社製のワクチン
米ファイザー社製のワクチン

 【ニューヨーク=小林泰明】米製薬大手ファイザーは4日、新型コロナウイルスワクチンの21年通期の売上高が約260億ドル(約2・8兆円)になるとの見通しを発表した。2月に発表した約150億ドルから大幅に引き上げた。各国との契約に基づき、21年に16億回分を納入する予定という。生産能力を増強しており、21年は25億回分を生産できる可能性があるという。

 ワクチンは独ビオンテックと共同開発したもので、米国をはじめ各国で利用が広がっており、日本でも接種が始まっている。5月初めまでに約4億回分を出荷したという。

 ファイザーの1~3月期決算は、新型コロナワクチンの売り上げが伸びたことなどから、売上高が前年同期比45%増の約146億ドル、最終利益は45%増の約49億ドルと増収増益だった。新型コロナワクチンの売上高は約35億ドル(約3800億円)だった。

 アルバート・ブーラ最高経営責任者(CEO)は「ワクチンの生産と出荷を加速しており、多くの場合、契約の納期を上回るペースで進んでいる」としている。

無断転載・複製を禁じます
2030777 0 経済 2021/05/05 06:46:00 2021/05/05 06:56:10 2021/05/05 06:56:10 北海道中央労災病院に到着した米ファイザー社製のワクチン(19日午前11時54分、北海道岩見沢市で)=佐々木紀明撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/05/20210505-OYT1I50026-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)