読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

百貨店の「母の日」商戦、舞台はオンラインに…三越伊勢丹のネット通販好調

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 緊急事態宣言で百貨店の大半の売り場が休業するなか、「母の日」商戦は舞台をオンラインに移している。

東急百貨店が行った「キタムラ」のオンライン接客のイメージ
東急百貨店が行った「キタムラ」のオンライン接客のイメージ

 東急百貨店(東京都渋谷区)は、店舗では取り扱わない横浜の老舗バッグ店「キタムラ」の販売員が、インターネットを通じて商品を紹介した。

 三越伊勢丹の首都圏の店舗は、休業要請を受けて、食料品や化粧品売り場などを除いて4月25日から休業し、売上高が激減している。ただ、ネット通販の売り上げは、母の日向けが好調で、19年比で2倍になった。

 外出自粛が続くなか、自宅で食べられる豪華な料理をプレゼントする人も多い。

京王百貨店がオンラインで販売する「母の日御膳」
京王百貨店がオンラインで販売する「母の日御膳」

 京王百貨店(東京都新宿区)は、京料理店などが手がけた弁当「母の日御膳」11種類を用意した。2人前で1万円を超す商品なども含めてほぼ完売となり、売り上げは19年の10倍以上となったという。

 百貨店担当者は「母の日以外でも、百貨店ならではの品ぞろえでオンラインの売り上げを増やしたい」と話している。

無断転載・複製を禁じます
2036476 0 経済 2021/05/08 00:23:00 2021/05/08 00:23:00 2021/05/08 00:23:00 東急百貨店が行った「キタムラ」のオンライン接客のイメージ https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/05/20210507-OYT1I50135-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)