読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

タクシーに変動運賃、天気・客足に応じて設定…国交省が検討

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 国土交通省は、タクシー運賃を天気や曜日、客足などに応じて変動させる新しい制度を導入する検討に入った。ダイナミック・プライシングとも呼ばれる仕組みで、需要が少ない時に運賃を下げ、多い時に上げる。タクシー利用客数の全体的な底上げが期待できる反面、交通弱者や運転手への影響も指摘される。

 国交省は年内に実証実験を始め、運転手やタクシー会社の収入の変化、利用客の使い勝手を検証し、適正な料金水準など制度の概要を早期に示す。雨天や大規模イベントの開催時、終電後といった利用客が多い時は運賃を高く設定する一方、客が少ない平日の日中などは安くなる方向だ。

国土交通省
国土交通省

 実際の走行距離と乗車時間で運賃が決まる従来のメーターは使用せず、全地球測位システム(GPS)のデータに基づき走行距離を計算する新メーターを導入する。利用客は事前にスマートフォンなどで予約し、その段階で示された運賃を割高と考えれば乗車する必要はない。

残り:549文字/全文:1046文字
読者会員限定記事です
新規登録ですぐ読む(読売新聞ご購読の方)
無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2039766 0 経済 2021/05/10 05:00:00 2021/05/10 05:04:14 2021/05/10 05:04:14 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/05/20210510-OYT1I50007-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)