読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

ANA、今年は「ボーナスなし」…旅客需要低迷で労組に提示

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 全日本空輸(ANA)は10日、今年のボーナスを支給しない方針を固め、労働組合に提示した。コロナ禍で旅客需要の低迷が続いており、支給は困難と判断した。労組側は「年間で最低でも月給1か月分」との要望を経営側に提出していた。

全日空(ANA)の機体
全日空(ANA)の機体

 ANAを傘下に持つANAホールディングス(HD)の2021年3月期の連結最終利益は、過去最悪となる4046億円の赤字だった。国内外での変異ウイルスの感染拡大や、緊急事態宣言の延長など経営環境は厳しさを増している。

 ANA社員のボーナスは例年、夏冬それぞれ2か月分が支給されてきたが、コロナ禍で昨年は夏が半減、冬がゼロとなった。月給も5%減とした結果、昨年は年収ベースで3割減となったが、ボーナスが不支給となることで、今年度は減少幅が広がりそうだ。

 ANAHDの片野坂真哉社長は1月の社員向けメッセージで、「雇用を守るが、賃金の我慢は続く」と訴えていた。会社側は住宅ローンを抱える社員向けに、住宅ローン返済に100万円、その他の用途に50万円を、それぞれ無利子で貸し付ける提案も併せて行った。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2041531 0 経済 2021/05/10 19:39:00 2021/05/10 19:58:07 2021/05/10 19:58:07 全日空(ANA)の機体。東京・羽田空港で。2020年1月30日撮影。 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/05/20210510-OYT1I50105-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)