読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

ドコモと三菱UFJ銀、金融事業で提携…口座設定で「dポイント」たまる仕組みに

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 NTTドコモと三菱UFJ銀行は11日、金融事業で業務提携すると正式に発表した。共同事業を展開する合弁会社を設立し、2022年にもドコモのポイントがたまるデジタル口座を提供する。将来的には住宅ローンや両社の顧客データを活用した新事業も検討する。

NTTドコモ
NTTドコモ
三菱UFJ銀行
三菱UFJ銀行

 合弁会社は21年度に設立する予定で、出資比率は今後協議する。両社は「多様化するニーズに対応した新しい金融サービスの創出と、新たな価値の提供を目指す」とのコメントを出した。

 新たに提供するデジタル口座は、ドコモの携帯電話料金やクレジットカードの「dカード」の引き落とし口座に設定すると、毎月ドコモの「dポイント」がたまる仕組みにする方針だ。スマートフォンなどで、口座の利用状況やdカードの利用履歴、dポイントの明細を確認できるようにする。

 これに先立ち、21年度上期にも、三菱UFJの口座からドコモのスマホ決済「d払い」へのチャージ(入金)を可能にする。

 将来的には、スマホを介して住宅ローンや投資信託などの金融商品を提供するほか、両社の保有データを生かした新事業も検討する。昨年の金融商品販売法の改正で、銀行や証券、保険などの金融商品やサービスを一括で提供できるようになったメリットを生かす。

 ドコモの契約数は約8000万、三菱UFJの口座数は約4000万でいずれも業界トップだ。ドコモは提携により、ライバルに比べて見劣りしていた金融などの非通信事業を強化する狙いがある。三菱UFJは、取引が少なかった若年層へのアプローチを図る。

無断転載・複製を禁じます
2044519 0 経済 2021/05/11 21:12:00 2021/05/11 23:14:06 2021/05/11 23:14:06 NTTドコモ。東京都内で。2021年4月18日撮影。 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/05/20210511-OYT1I50112-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)