読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

高島屋は都内の大半の売り場再開、三越伊勢丹は一部のみ…「宣言」対応に百貨店苦慮

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 政府が新型コロナウイルス対策として4都府県に発令している緊急事態宣言の延長と対象地域拡大を受け、商業施設や外食チェーンが12日以降の対応を発表した。高島屋は東京都内の店舗で大半の売り場を再開する一方、三越伊勢丹は売り場を一部にとどめるなど違いが出た。対象地域の中でも、東京都と大阪府で要請内容が異なり、各社は難しい判断を迫られた。

「拡大」望む声

営業時間を案内する高島屋日本橋店(11日、東京都中央区で)
営業時間を案内する高島屋日本橋店(11日、東京都中央区で)

 高島屋は都内の4店舗で、玩具や宝飾品、ゴルフ用品などを除き、衣料品や靴などほとんどの売り場を再開する。営業時間も多くの店舗で延長し、通常に近づける。

緊急事態宣言の延長を受けた施設などの対応
緊急事態宣言の延長を受けた施設などの対応

 宣言発令の4月25日以降、営業を食料品や化粧品などに限ってきたが、「『仕事でワイシャツが必要』など、売り場拡大を望む声が多かった」(広報)という。例年、ランドセル商戦が盛んな時期で、「実物を試したい」という要望も相次いだ。

 一方、大阪府の要請は、生活必需品を除き、衣料品や靴などの店を休業対象と明示しているため、大阪府内の店舗の営業は引き続き食料品などに限る。京都店は、平日は全館で時短営業し、休日は食料品などを除き休業する。

 三越伊勢丹は東京都内の4店舗で、一部の売り場を再開するが、リビング雑貨や靴、ハンドバッグなどにとどめた。「客の要望をみながら再開を検討していく」という。大丸松坂屋百貨店は、大丸東京店でレストランを再開する。宣言対象に追加された愛知、福岡両県の店舗は営業を続ける。

採算厳しく

 遊園地やテーマパークの営業も、自治体で要請が分かれた。東京都は「5000人以内かつ収容定員の50%以下」の要件を満たせば営業を認めるとした。このため、よみうりランド(東京都稲城市、川崎市)は12日から、入園客を5000人に制限して再開する。大阪府は休業継続を求めており、「ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)」(大阪市)は休業を続ける。

 飲食店に対しては、酒類を提供する店は休業、それ以外は午後8時までの時短営業とする要請が、対象全地域で続く。

 英国風パブ「HUB(ハブ)」の運営会社は11日、ほぼ全店にあたる約110店を5月末まで休業すると発表した。時短では採算が合わず、すでに大半の店舗が休業していた。担当者は「アルコールがなければ客は来ない。店を開ければ人件費も発生する」と説明する。

無断転載・複製を禁じます
2045019 0 経済 2021/05/12 05:00:00 2021/05/12 11:21:51 2021/05/12 11:21:51 営業時間を案内する高島屋日本橋店(11日、東京都中央区で) https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/05/20210511-OYT1I50158-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)