読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

日経平均ほぼ全面安、終値461円安…ワクチン接種の停滞に懸念広がる

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

東京証券取引所
東京証券取引所

 12日の東京株式市場は、前日の米株式相場の下落を受け、ほぼ全面安の展開となった。日経平均株価(225種)の終値は前日比461円08銭安の2万8147円51銭で、2月1日以来、約3か月半ぶりの安値となった。前日と合わせた下落幅は1300円を超えた。

 海運や鉄鋼など景気の動向に敏感な銘柄で売り注文が膨らんだ。日経平均の下げ幅は一時、700円を超え、2万8000円を割り込む場面もあった。

 市場では「国内でワクチン接種が進まないことへの懸念が広がっており、相場は一段と下がる可能性もある」との見方が出ている。

無断転載・複製を禁じます
2046205 0 経済 2021/05/12 15:21:00 2021/05/13 10:59:51 2021/05/13 10:59:51 東京証券取引所。東京都中央区で。2019年11月5日撮影。 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/05/20210512-OYT1I50064-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)