読売新聞オンライン

メニュー

エア・ドゥとソラシドエア、経営統合へ…共同持ち株会社の設立検討

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

エア・ドゥ機
エア・ドゥ機

 北海道と東京を結ぶ路線が中心のエア・ドゥ(札幌市)と、主に九州と東京の間で運航するソラシドエア(宮崎市)の両航空会社が、共同で持ち株会社を設立して経営統合する検討を進めていることが13日、分かった。月内の基本合意を目指す。コロナ禍のもとでの国内航空会社の再編は初めて。両社とも旅客の激減で経営が悪化しており、統合でコスト削減につなげる。

ソラシドエア機
ソラシドエア機

 関係者によると、来年秋をめどに新設する持ち株会社の傘下に両社が入る案を軸に検討している。燃料や資材の調達を共同で行い、コストを削減するほか、人事や経理などの共通化も検討する。

 両社の筆頭株主である日本政策投資銀行が、両社からそれぞれ数十億円の優先株を引き受け、資本支援を行う方向だ。

 2020年度の旅客数は、エア・ドゥが前年度比72%減の約57万人、ソラシドエアが64%減の約65万人まで落ち込んだ。4月に発令された3度目の緊急事態宣言もあり、需要の回復時期は一段と見通しづらくなっていた。

無断転載・複製を禁じます
2049410 0 経済 2021/05/13 17:17:00 2021/05/13 22:18:44 2021/05/13 22:18:44 パイロット不足への対応に苦慮するエア・ドゥ。◇空の旅の安全を担うパイロットが不足する事態への懸念が強まっている。格安航空会社(LCC)の台頭などで路線や便数が急増する一方、育成には時間がかかるためだ。現役のパイロットが大量に退職する2030年頃を見据え、国や航空会社などが対策を急いでいる。札幌に拠点を置く航空会社「エア・ドゥ」は、2月に羽田―新千歳線で計26便を運休することを決めた。17年にパイロット2人が退職し、当初予定していた運航ダイヤが組めなくなったためだ。17年11月にも34便を運休している。エア・ドゥはパイロットの確保に全力を挙げているが、「機長が足りない。育成にはお金も時間もかかる」(関係者)と切実だ。18年3月下旬には新千歳―岡山線から撤退する。東京・羽田空港で。2018年1月21日撮影。同年2月12日朝刊[スキャナー](パイロット足りない LCC台頭 迫る大量退職)掲載 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/05/20210513-OYT1I50093-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)