読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

GoToイート食事券、最長12月末まで利用期限延長

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

「Go To イート」事業の食事券
「Go To イート」事業の食事券

 農林水産省は14日、コロナ禍で需要が落ち込んだ飲食店を支援する「Go To イート」事業について、地域限定のプレミアム付き食事券の利用期限を現状の最長6月末から同12月末に延長すると発表した。外出自粛などで利用が進んでいないため。

 対象となるのは、今年4~6月に食事券の販売を停止したり、利用の抑制を呼びかけたりした地域。都道府県は、停止などを行った日数に応じ、12月末までの間で最大3か月間を利用できる期間として設定できる。今月13日時点で、東京や大阪など38都道府県が停止などを行っているという。

 また、グルメサイト経由で付与されたポイントを使った予約期限を、全国一律で最長6月末から同12月末に延長する。来年3月末までの来店予約が可能となる。ポイント付与は終了しているが、未利用が多い状況という。延長の有無や期間については、サイトごとの判断となる。

無断転載・複製を禁じます
2050705 0 経済 2021/05/14 09:03:00 2021/05/14 11:06:43 2021/05/14 11:06:43 東京都で販売と利用が始まった「Go To イート」事業の食事券。同事業は新型コロナウイルス感染拡大の影響で売り上げが落ち込んだ飲食店を支援するのが目的。購入額の25%が上乗せされたプレミアム付き食事券を求め、都の感染警戒レベルが最高となる中で、引換券を手にした都民が販売窓口に駆けつけた。東京都足立区で。2020年11月20日撮影。 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/05/20210514-OYT1I50029-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)