読売新聞オンライン

メニュー

トヨタの水素エンジン車、24時間耐久レース完走…豊田章男社長もドライバーで参加

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 富士スピードウェイ(静岡県小山町)で開かれた24時間耐久レースに、トヨタ自動車が開発中の水素エンジン車が初めて出場し、23日に完走を果たした。レース仕様に改造した「カローラスポーツ」の後部に水素タンク4本を積み、24時間で358周(1634キロ)を走った。

24時間耐久レースを完走したトヨタの水素エンジン車(23日、静岡県小山町で)
24時間耐久レースを完走したトヨタの水素エンジン車(23日、静岡県小山町で)

 豊田章男社長も、交代で運転するドライバーの一員として参加した。終了後、「未来のカーボンニュートラル(温室効果ガス排出量の実質ゼロ)社会に向け、選択肢を広げるための第一歩を示すことができた」と振り返った。水素を燃料とする水素エンジンは、構造はガソリンエンジンとほぼ同じだが、二酸化炭素をほとんど排出しない。

無断転載・複製を禁じます
2072599 0 経済 2021/05/23 19:29:00 2021/05/24 00:07:06 2021/05/24 00:07:06 24時間耐久レースを走った水素エンジン車(23日、静岡県で) https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/05/20210523-OYT1I50058-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)