読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

同性パートナーも「配偶者」、慶弔・介護休暇の取得可能に…日本コカ・コーラが規則見直し

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 日本コカ・コーラは、社員の同性のパートナーも「配偶者」として、慶弔休暇や介護休暇などが取得できるように就業規則を見直したと発表した。約2万人の全社員を対象に、法的婚姻関係にある相手と同様に扱う。

 事実婚の場合は、自治体が発行する証明書か、同居していることがわかる住民票を会社に提出する必要がある。福利厚生制度も活用できる。日本コカ・コーラのホルヘ・ガルドゥニョ社長は「多様な人材が活躍することで、革新を生み出す企業文化が醸成される」とコメントしている。

 J・フロントリテイリングも、パートナーが同性の場合でも、結婚休暇や忌引が利用できるように、就業規則を見直している。

無断転載・複製を禁じます
2105325 0 経済 2021/06/06 20:38:00 2021/06/06 20:38:00 2021/06/06 20:38:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)