読売新聞オンライン

メニュー

三菱UFJ銀、ATM200台超で障害…通帳やカードが取り込まれた例も103件

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 三菱UFJ銀行は8日、東京都や大阪府、愛知県などにある200台超の現金自動預け払い機(ATM)で、預金の引き出しができなくなるといった障害が起きたと発表した。通帳やキャッシュカードがATMに取り込まれた例も103件確認されている。

三菱UFJ銀行
三菱UFJ銀行

 同行によると、8日午前9時55分頃、ATMとサーバーを結ぶネットワークで不具合が発生し、約10分間で復旧した。ATMに取り込まれたままの通帳やカードは、顧客と連絡を取って順次返却を進める。今年2月にみずほ銀行で発生した大規模システム障害では、4300台以上のATMが停止し、キャッシュカードなどを取り込まれた例も約5200件に上った。

無断転載・複製を禁じます
2109700 0 経済 2021/06/08 21:14:00 2021/06/08 22:12:52 2021/06/08 22:12:52 三菱UFJ銀行。東京都内で。2021年1月15日撮影。 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/06/20210608-OYT1I50075-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)