読売新聞オンライン

メニュー

アプリの個人情報収集状況、利用者自らが監視…アップルが次期OSに機能導入

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【ニューヨーク=小林泰明】米アップルは7日、スマートフォン「iPhone(アイフォーン)」などの次期基本ソフト(OS)に、アプリによる個人情報の収集状況を利用者自らが監視できる機能を導入すると発表した。プライバシー保護の高まりを踏まえ、利用者の情報が意に反してネット広告などに利用されることを制限しやすくする。

個人情報保護の取り組みを強化するアップルのティム・クックCEO(7日、米カリフォルニア州で)=ロイター
個人情報保護の取り組みを強化するアップルのティム・クックCEO(7日、米カリフォルニア州で)=ロイター

 この機能は「アプリケーションのプライバシーレポート」と呼ばれ、今秋に配信見込みのアイフォーン向けOSなどに搭載される。各種のアプリが過去7日間に位置情報や写真、カメラ、マイク、連絡先にアクセスした頻度を、利用者が確認できる。さらに、アプリがデータを共有した可能性のある外部サイトも一覧で表示。情報収集が適切かどうかを利用者が監視し、提供する情報を管理する。

 メールアプリでは、利用者のインターネット上の住所にあたる「IPアドレス」を第三者から隠す機能を導入する。販売促進メールを受け取った利用者が、いつ閲覧したかなどを業者に把握されるのを防ぐことも期待できる。

 アップル幹部は同日に開いた開発者向けの会議で、「ネットやアプリを使う時、ネット広告企業に許可なく追跡されるのは正しいことではない」と強調した。

無断転載・複製を禁じます
2110672 0 経済 2021/06/09 00:09:00 2021/06/09 00:09:00 2021/06/09 00:09:00 Apple CEO Tim Cook speaks about new privacy protections during Apple?s Worldwide Developers Conference at Apple Park in Cupertino, California, U.S., June 7, 2021.   Brooks Kraft/Apple Inc/Handout via REUTERS   NO RESALES. NO ARCHIVES. THIS IMAGE HAS BEEN SUPPLIED BY A THIRD PARTY. https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/06/20210609-OYT1I50001-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)