読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

不審者を音や光、煙で威嚇…AI搭載の警備ロボット

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 警備大手のセコムは10日、人工知能(AI)や高速・大容量通信規格「5G」を活用した警備用ロボット「ココボ」を開発したと発表した。商業施設やオフィスビルを巡回し、不審者を見つけると、音や光、煙を出して威嚇する。

不審者を煙で威嚇する機能を実演する警備用ロボット(10日午後、東京都渋谷区で)=西孝高撮影
不審者を煙で威嚇する機能を実演する警備用ロボット(10日午後、東京都渋谷区で)=西孝高撮影

 事前に決めたルートを回り、カメラで撮影した映像を解析して異常があれば防災センターに通報する。爆発音やガス漏れ、火災などを検知できる。倒れている急病人に気づく機能もある。

 6月からオフィスビルなどで試験運用を始める。

無断転載・複製を禁じます
2116059 0 経済 2021/06/10 21:27:00 2021/06/10 21:27:00 2021/06/10 21:27:00 警備業務などを行うロボット「cocobo」。不審者に対し、煙で威嚇もできる(10日午後2時12分、東京都渋谷区で)=西孝高撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/06/20210610-OYT1I50097-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)