読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

トヨタ、工場排出のCO2を2035年までに実質ゼロに…50年の目標を大幅前倒し

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

トヨタ自動車本社
トヨタ自動車本社

 トヨタ自動車は11日、世界の工場で排出される二酸化炭素(CO2)を、2035年までに実質ゼロとする目標を発表した。50年としていた従来目標を大幅に前倒しし、早期のカーボンニュートラル(排出量実質ゼロ)達成を目指す。

 目標達成のため新たな技術開発を進める。CO2排出量が多い塗装工程では、塗装の代わりにシールで外観を色付ける技術などの開発に取り組む。

 鋳造工程では廃熱を再利用する。電力などの動力を使わず、歯車やバネで作業を効率化する「からくり」の活用強化なども進める。使用する電力は再生可能エネルギーの割合を増やす。

 岡田政道執行役員はオンライン記者会見で「脱炭素はものづくりを根本から見直す機会となる」と述べた。

無断転載・複製を禁じます
2118716 0 経済 2021/06/12 00:44:00 2021/06/12 00:44:00 2021/06/12 00:44:00 トヨタ自動車本社。愛知県豊田市で。2020年11月27日撮影。 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/06/20210611-OYT1I50096-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)