読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

トヨタ社長「大きな危機に一つひとつ対処してきた」…株主総会で就任12年振り返る

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 トヨタ自動車は16日、愛知県豊田市の本社で株主総会を開いた。2021年3月期連結決算の最終利益が2・2兆円と、コロナ禍でも前期比1割増を確保したことなどを株主に報告した。

 15日にはトヨタ株が上場以来、初めて1万円の大台に乗った。豊田章男社長は自身の社長就任から12年間、(米国での)リコール問題や東日本大震災など「大きな危機に一つひとつ対処してきた」と振り返り、「全てが成功だったわけではないが、仲間と必死に行動してきたからこそだ」と株価上昇の要因を感慨深げに語った。

トヨタ自動車本社
トヨタ自動車本社

 株主総会への出席者は前年より22人多い383人だった。新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、前年に続き株主に対し総会への参加見合わせを要請した。前々年(5546人)の10分の1以下にとどまった。所要時間は1時間49分だった。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2128361 0 経済 2021/06/16 13:05:00 2021/06/16 13:05:00 2021/06/16 13:05:00 トヨタ自動車本社。愛知県豊田市で。2020年11月27日撮影。 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/06/20210616-OYT1I50075-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)