読売新聞オンライン

メニュー

EU域内のEV生産台数、30年にガソリン車などと逆転…NPO予測

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【ロンドン=池田晋一】欧州の環境系NPO「トランスポート&エンバイロメント(T&E)」は16日、欧州連合(EU)域内の電気自動車(EV)生産台数が2030年に年間670万台に達し、ガソリン車などを超えるとの予測を公表した。

 T&Eの報告書によると、EUのEVの生産台数は20年の約53万台から、25年に330万台(全体の24%)に、30年には670万台になると見込む。ガソリン車やハイブリッド車(HV)、プラグインハイブリッド車(PHV)は徐々に減少し、30年に計660万台になると予測した。

 予測の前提となったのは、20年から厳格化したEUの排ガス規制で、メーカーは販売車の排ガス超過分に応じて罰金を支払う必要がある。これに対応するため、主要メーカーはEVモデルの展開を加速化させている。

無断転載・複製を禁じます
2129512 0 経済 2021/06/16 21:29:00 2021/06/16 21:57:30 2021/06/16 21:57:30

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)