読売新聞オンライン

メニュー

液晶パネルや中華麺の原料、韓国産に追加関税…不当に安く国内産業に損害

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 政府は18日、韓国産の炭酸カリウムについて、反ダンピング(不当廉売)措置として追加関税を課すことを閣議決定した。不当に安い価格で輸入されて国内産業に損害が出ていると判断し、政府は3月から続けていた通常の関税率3・9%に30・8%を上乗せする暫定措置と同率の追加関税を24日から5年間適用する。

財務省
財務省

 炭酸カリウムは、液晶パネルなどのガラス類や、中華麺に添加するかんすいの原料として使われる。

無断転載・複製を禁じます
2136850 0 経済 2021/06/18 19:53:00 2021/06/18 21:38:22 2021/06/18 21:38:22 財務省。東京・千代田区霞が関で。2021年5月15日撮影。 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/06/20210618-OYT1I50098-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)