読売新聞オンライン

メニュー

スズキが来月工場一時停止、スバルも…世界的な半導体不足で

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 スズキが小型車「スイフト」や「ソリオ」などを生産する相良工場(静岡県)で、7月に7日間操業を取りやめる方針であることが分かった。軽自動車「スペーシア」や「ハスラー」などを生産している湖西工場(同)も1日と2日の操業を停止する方向だ。

スズキ自動車
スズキ自動車

 いずれも世界的な半導体不足が続いているためで、部品会社に計画を伝えた。部品の調達が進めば変更するほか、今後、休日に操業を行い、遅れを取り戻す。

 スズキは半導体部品の納入が予定より遅れているとして、4月以降、工場の一時停止が続いている。

 SUBARU(スバル)も、7月16日に矢島工場(群馬県)の稼働を停止する。同社は「半導体不足による生産調整の一環」としている。

無断転載・複製を禁じます
2138729 0 経済 2021/06/19 20:37:00 2021/06/19 22:58:12 2021/06/19 22:58:12 スズキ自動車。浜松市で。2020年11月24日撮影。 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/06/20210619-OYT1I50103-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)