読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

[スキャナー]「この10年で最も破壊的な産業変革だ」…中国ハイテク大手の自動車への傾斜

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 中国のハイテク企業が電気自動車(EV)事業に相次いで参入している。脱炭素化を掲げる中国政府がEVの普及を推進し、各社は市場拡大に商機を見いだしている。業界の垣根を越えた競争は、自動車の業界地図を塗り替える可能性を秘める。(北京 小川直樹)

バイドゥ 自動運転車

ファーウェイ 技術提供

本業より注目

ファーウェイの「HI」ロゴが付いたEV「アークフォックスαS」
ファーウェイの「HI」ロゴが付いたEV「アークフォックスαS」
バイドゥが発表した自動運転EV「アポロ・ムーン」(同社提供)
バイドゥが発表した自動運転EV「アポロ・ムーン」(同社提供)

 中国インターネット検索大手・百度(バイドゥ)は17日、北京で新車発表会を開いた。披露したのはライドシェア向け自動運転EV「アポロ・ムーン」。中国自動車大手・北京汽車集団傘下メーカーと共同開発したもので、最新の自動運転技術で無人運転ができ、コストも他社の3分の1となる48万元(約820万円)に抑えたという。

 バイドゥは近年、人工知能(AI)分野に力を入れており、自動運転の開発連合もリードする。3月には中国自動車大手・浙江吉利控股集団と組んで自らEVメーカー「集度汽車」を設立した。最近注目を集める話題は、ネット検索より車の方が多い。

 通信機器大手・華為技術(ファーウェイ)も自動車事業の強化に動く。「HI(ファーウェイ・インサイド)」戦略だ。

 車は作らないが、通信やセンサー、自動運転システムなど基幹技術をメーカーに提供し、搭載車には「HI」のロゴを付ける。米インテルが自社製半導体を搭載したパソコンメーカーに「インテル・インサイド」のシールを製品に貼るように求め、業界で圧倒的な地位を占めた姿と重なる。

25年に「20%前後」

DJIが上汽通用五菱汽車と共同開発した試作EV
DJIが上汽通用五菱汽車と共同開発した試作EV

 中国以外でも、ソニーグループが新型EVを披露するなど異業種参入のケースはある。米アップルもEV参入が取りざたされている。

 だが、中国ハイテク大手の自動車産業への傾斜は群を抜く。

残り:1314文字/全文:2395文字
読者会員限定記事です
新規登録ですぐ読む(読売新聞ご購読の方)
無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2140708 0 経済 2021/06/21 05:00:00 2021/06/21 05:06:47 2021/06/21 05:06:47 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/06/20210620-OYT1I50084-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)