読売新聞オンライン

メニュー

NYダウ終値586ドル高、6営業日ぶり上昇…NY原油は3年ぶり高値

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【ニューヨーク=小林泰明】21日のニューヨーク株式市場で、ダウ平均株価(30種)の終値は前週末比586・89ドル高の3万3876・97ドルだった。値上がりは6営業日ぶり。

 米連邦準備制度理事会(FRB)の早期利上げに対する警戒感から、前週に1200ドル近く下げた反動で、割安感の出た銘柄を買う動きが広がった。

 原油も値上がりした。21日のニューヨーク原油先物市場で、代表的な指標となるテキサス産軽質油(WTI)の7月渡し価格は一時、1バレル=73・96ドルとなり、2018年10月以来の高値をつけた。終値は前週末比2・02ドル(2・8%)高の1バレル=73・66ドルだった。

 米株高の流れを受けて、22日の東京株式市場は全面高の展開となった。日経平均株価(225種)の午前の終値は、前日終値比811円35銭高の2万8822円28銭だった。

無断転載・複製を禁じます
2144353 0 経済 2021/06/22 05:54:00 2021/06/22 11:45:00 2021/06/22 11:45:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)