読売新聞オンライン

メニュー

利用者少ない53郵便局、窓口を最大2時間短縮へ

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 日本郵便は22日、利用者が少ない離島などにある1都8県の53郵便局で、窓口の営業時間を7月から試行的に最大で2時間短縮すると発表した。効率的に運用することで職員の負担を軽減し、過疎地域の郵便ネットワークを維持する狙いがある。

 三宅島(東京都)や、奄美大島(鹿児島県)の一部離島などのほか、山間部の過疎地の郵便局が主な対象。原則午前9時から午後5時までとしている窓口の営業時間を、48局は終了時間を最大1時間前倒しし、16局は1時間の昼休みを設ける。

 営業時間が午後4時までとなる金融の窓口は、16局で昼休みを導入する。現金自動預け払い機(ATM)は、従来と同じ時間帯に使用できる。利用者にアンケート調査を行い、年明けをめどに正式に導入するか判断する。

無断転載・複製を禁じます
2147536 0 経済 2021/06/22 23:41:00 2021/06/22 23:41:00 2021/06/22 23:41:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)