読売新聞オンライン

メニュー

スリル体験した女性「川に吸い込まれる」バンジージャンプ

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 埼玉県秩父市荒川贄川の荒川渓谷にある体験型観光施設「秩父ジオグラビティパーク」に21日、新施設「キャニオンバンジー」がオープンした。

スリル満点のキャニオンバンジー(21日、秩父市で)=山田博文撮影
スリル満点のキャニオンバンジー(21日、秩父市で)=山田博文撮影

 水面から高さ約50メートルに設置されている「キャニオンウォーク」というつり橋に飛び込み台を設置。ワイヤを取り付けた後に飛び降り、渓谷に一気に落下するスリルを楽しむ。体験した市職員の女性(22)は「川に吸い込まれていくようだった」と話していた。

 オープンは当初、4月下旬の予定だったが、東京都などに緊急事態宣言が発令されたため、解除を待って営業を始めた。利用料は1人1回、1万3000円(税込み)。問い合わせは同パーク(050・5305・6176)。

無断転載・複製を禁じます
2148804 0 経済 2021/06/23 13:18:00 2021/06/23 13:18:00 2021/06/23 13:18:00 スリルが魅力のキャニオンバンジー(21日、秩父市で)=山田博文撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/06/20210623-OYT1I50036-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)