読売新聞オンライン

メニュー

新幹線と「踊り子」で車内販売を一部再開へ…JR東日本、7月から

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 JR東日本は23日、東北・北海道新幹線の最上級座席「グランクラス」と、首都圏と伊豆半島を結ぶ在来線特急「サフィール踊り子」で、食事や飲料の車内販売を7月から再開すると発表した。

サフィール踊り子
サフィール踊り子

 JR東は、緊急事態宣言が発令された4月29日からサービスを停止しており、沖縄県を除いて宣言が解除されたことで再開を決めた。直近の乗客数などから、出張や観光での需要回復が見込めると判断した。

サフィール踊り子の車内(2019年12月16日撮影)
サフィール踊り子の車内(2019年12月16日撮影)

 一方、需要の戻りが鈍い指定席やグリーン車、北陸新幹線のグランクラス、他の在来線特急などでは当面の間、サービス停止を継続するという。

 新型コロナウイルスワクチン接種の加速を受け、JR西日本が21日から豪華寝台列車の運行を再開するなど、乗客数の回復を見込んだ動きが相次いでいる。

無断転載・複製を禁じます
2150082 0 経済 2021/06/23 19:12:00 2021/06/23 19:12:00 2021/06/23 19:12:00 3月14日運航開始の「サフィール踊り子」(JR熱海駅で)3月14日運航開始の「サフィール踊り子」(JR熱海駅で) https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/06/20210623-OYT1I50083-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)