読売新聞オンライン

メニュー

アウディ、26年以降の新型車すべてEVに…中国市場除きガソリン車生産停止へ

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【ロンドン=池田晋一】独高級車大手アウディは22日、2026年以降に市場に投入する新型車を全て電気自動車(EV)にすると発表した。ガソリン車などのエンジン搭載車は、中国市場を除き33年までに生産をやめる。高級車市場で加速するEV化の流れに対応する。

アウディのEV試作モデル(同社提供)
アウディのEV試作モデル(同社提供)

 アウディは、25年までに20車種以上のEVモデルをそろえる計画だ。エンジン車の生産は徐々に減らす。ただ、中国ではエンジン車の需要が残るとみて、33年以降も現地生産を続ける可能性があるとしている。

 マークス・デュースマン最高経営責任者(CEO)は声明で「アウディが電動化時代に移行することを明確にする」と強調した。

 欧州の高級車メーカーは相次いでEV化を表明している。スウェーデンのボルボ・カーが30年までにEV専業メーカーになると宣言し、英ジャガー・ランドローバーは、「ジャガー」ブランドを25年から全てEVにするとしている。

無断転載・複製を禁じます
2150086 0 経済 2021/06/23 19:13:00 2021/06/23 19:13:00 2021/06/23 19:13:00 アウディのEV試作モデル(同社提供) https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/06/20210623-OYT1I50097-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)