読売新聞オンライン

メニュー

東芝の株主総会始まる、永山氏再任巡り賛否が伯仲

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

株主総会の会場に入る東芝の株主ら(25日午前9時42分、東京都新宿区で)=奥西義和撮影
株主総会の会場に入る東芝の株主ら(25日午前9時42分、東京都新宿区で)=奥西義和撮影
東芝の永山治・取締役会議長
東芝の永山治・取締役会議長
東芝本社
東芝本社

  東芝の定時株主総会が25日、東京都内で開かれた。昨年の総会が不適切に運営されたとして「物言う株主」から責任を問われた永山治・取締役会議長(中外製薬名誉会長)の再任が焦点となっており、賛否が伯仲している模様だ。

 総会の冒頭で、綱川智社長最高経営責任者(CEO)は、「株主はじめ関係者の信頼回復に努める」と述べた。総会では、綱川氏や永山氏ら取締役候補11人の選任案の採決が行われる。

 10日に公表された外部調査報告書によると、東芝は昨年7月の総会を巡って経済産業省と連携し、海外ファンドが株主の権利行使をするのを妨げようとしたとされた。監査委員会は東芝の不当な干渉行為を疑わせるメールなどを確認していたと指摘された。

 海外ファンドの筆頭株主「エフィッシモキャピタルマネージメント」や第2位株主「3Dインベストメント・パートナーズ」は、監査委員だった小林伸行取締役や、小林氏の再任を提案した指名委員長の永山氏への批判を強めていた。ノルウェーの政府系ファンドなど多くの機関投資家が2人の再任に反対票を投じたと公表している。

 永山氏は、綱川氏の後任の人選など東芝の経営立て直しを主導する立場にある。再任が否決されれば経営が混乱するのは必至だ。

無断転載・複製を禁じます
2154911 0 経済 2021/06/25 10:11:00 2021/06/25 11:12:25 2021/06/25 11:12:25 総会会場に入る東芝の株主ら(6月25日午前9時42分、東京都新宿区で)=奥西義和撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/06/20210625-OYT1I50033-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)