読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

「ペッパー」在庫十分で生産停止…ソフトバンクG、生産終了は否定

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 ソフトバンクグループ(SBG)がヒト型ロボット「ペッパー」の生産を昨年夏から停止していることが29日、わかった。需要が落ち着いて、十分な在庫を確保したという。

ヒト型ロボット「ペッパー」
ヒト型ロボット「ペッパー」

 SBG傘下でロボット事業を手掛けるソフトバンクロボティクスグループ(SBRG)によると、ペッパーはレンタルが多く、在庫が一定程度積み上がった。中心拠点のフランスなど世界各地で人員を削減している。広報担当者は「コロナ禍で非接触の需要は底堅い」として生産終了は否定した。

 SBGは2012年に仏ロボットメーカーのアルデバランを買収した。同社の技術を活用して15年にペッパーを発売し、台湾の 鴻海ホンハイ 精密工業に生産を委託していた。人工知能(AI)を搭載して感情を認識することが注目された。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2164069 0 経済 2021/06/29 11:05:00 2021/06/29 11:39:52 2021/06/29 11:39:52 会話機能を強化した新型ペッパー。ソフトバンクは16日、人型ロボット「ペッパー」の新型機の提供を始めたと発表した。会話機能や周囲にいる人を検知するセンサーの性能を高めた。東京都港区で。2019年4月16日撮影。同月17日朝刊「ペッパー「会話上手ニナリマス」 AI活用 能力7倍に ソフトバンク新型機」掲載。 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/06/20210629-OYT1I50068-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)