読売新聞オンライン

メニュー

NTTぷらら、個人情報最大800万件流出か…委託先会社に不正アクセス

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 光回線を使った映像配信サービス「ひかりTV」を運営するNTTぷららは2日、業務委託先の会社が不正アクセスを受け、利用者の氏名や住所などの個人情報が、最大で800万件流出した可能性があると発表した。

 同社によると、今月1日、ひかりTVの視聴に必要な機器を運送する物流会社「NTTロジスコ」のシステムから、利用者の個人情報が入ったファイルが無くなっていることが判明。その後の調査で、不正アクセスが確認された。2009年8月~21年6月に機器を配送された利用者の個人情報が抜き取られた疑いがある。口座番号などの決済情報は含まれていないという。

 今後、正式に情報流出が確認された場合は利用者に書面で個別連絡する。

無断転載・複製を禁じます
2175415 0 経済 2021/07/02 22:41:00 2021/07/03 10:26:30 2021/07/03 10:26:30

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)