読売新聞オンライン

メニュー

発電コスト「太陽光最安」…経産省試算 原子力を逆転 30年時点

[読者会員限定]
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 経済産業省は12日、2030年時点の原子力や再生可能エネルギーなど電源別発電コストの試算を発表した。これまでは原子力の発電コストが大規模太陽光より安く見積もられていたが、今回は逆転して太陽光が最も安くなった。今夏にも取りまとめるエネルギー基本計画に反映する。

 試算によると、原子力は1キロ・ワット時あたり最低11円台後半で前回試算(15年)より1円以上高くなった。原発事故が発生した場合の損害賠償や廃炉、安全対策のための費用上昇が影響した。11年の東日本大震災の余波が30年時点にも及んでいるとされた格好だ。

 再生可能エネルギーは下がった電源が多い。大規模太陽光は最低価格で4円以上安い8円台前半となった。太陽光は世界各国で普及が進んでパネルや付属機器などのコストが下がると見込まれることから、建設費用の減少を織り込んだ。風力発電は陸上風力で最低9円台後半、洋上風力で26円台前半と、それぞれ4円程度低下した。

 化石燃料関連では、石炭火力が二酸化炭素(CO2)削減に向けた対策費用が増え、1円程度上昇して最低13円台後半となった。天然ガス火力は、国際エネルギー機関(IEA)が天然ガスの将来価格の低下を予想していることから3円程度下がって、最低で10円台後半だった。ただ、太陽光や風力は気候によって発電量が変わるため、万が一に備えて安定して電力供給できる火力発電を確保する必要がある。今回の試算にはこうした費用は盛り込んでおらず、経産省は今後、対応を検討することにしている。

無断転載・複製を禁じます
2201046 1 経済 2021/07/13 05:00:00 2021/07/13 05:00:00 2021/07/13 05:00:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/07/20210713-OYT1I50004-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)