読売新聞オンライン

メニュー

グーグル、国内スマホ決済市場に本格参入…新興アプリ企業「プリン」を買収

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 米グーグルは13日、スマートフォンの決済・送金アプリを運営する新興企業「プリン」(東京)を買収すると発表した。米巨大ITがスマホ決済市場に本格参入することで、これまで携帯大手を中心に進んできた国内市場の競争が一層激化しそうだ。

 グーグルは13日、「プリンの全株式を取得するための契約に合意した」とのコメントを出した。買収額は非公表だが、プリンの筆頭株主のIT企業「メタップス」(東京)は同日、約45%のプリン株の売却額は49億円と開示した。

 グーグルは、利用者が登録したクレジットカードなどを使える電子決済サービス「グーグルペイ」を手がけている。スマホ決済・送金への参入は、キャッシュレス決済の普及が遅れている日本の需要を取り込む狙いがあるとみられる。

 プリンは2017年設立。みずほ銀行や伊藤忠商事などが株主となっている。スマホ決済大手「ペイペイ」などと同様に、QRコードを使った決済アプリを運営し、利用者は数十万人程度とみられる。

 強みは送金機能だ。手数料がかかる銀行口座間の送金とは異なり、アプリ上の簡単な操作でお金のやりとりが無料でできる。アプリは、メガバンクなど50余りの金融機関の口座と連携している。

 企業向け事業にも注力し、約400社に経費精算サービスなどを提供する。アプリ上で企業側から受け取ったお金は、QRコードを使った支払いにも利用できる。

 利用者数では、楽天グループが運営する「楽天ペイ」の約5000万人やペイペイの約4000万人には及ばないが、グーグルはプリンの送金機能や金融機関との連携を評価して買収に踏み切ったとみられる。

 「グーグルは時間を買った」(NCB Lab.の増渕翔平チーフ・コンサルタント)との見方もある。プリンは送金や決済を手がける「資金移動業者」に登録されているが、金融庁は審査を厳格化しており、新規参入で登録されるまで長期間かかるためだ。

 今回の買収では、利用者が多い「Gメール」や地図アプリと決済・送金機能をひも付けて利用者を一気に拡大する戦略が考えられる。膨大な顧客データを持つグーグルがスマホ決済を本格展開する際には、デジタル広告分野と同様に、個人情報の取り扱いなど課題への対応が求められそうだ。

無断転載・複製を禁じます
2204190 0 経済 2021/07/14 05:00:00 2021/07/14 07:16:53 2021/07/14 07:16:53 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/07/20210713-OYT1I50164-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)