読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

ユニクロ縫製工場は「人権に問題なし」…ウイグル問題巡り

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 カジュアル衣料「ユニクロ」を展開するファーストリテイリングの岡崎健取締役は15日の決算記者会見で、新疆ウイグル自治区の人権侵害問題について、「縫製工場は第三者の監査機関に入ってもらい、人権に問題がないことを確認している」と説明した。

ユニクロ
ユニクロ

 同社は強制労働を巡る輸入禁止措置に違反したとして、米国で輸入を差し止められたことが判明した。岡崎氏は「シャツは米国、オーストラリア、ブラジル産のコットンを使い、中国の工場で縫製した。(米当局の)質問にも 真摯しんし に答えたが、最後の最後まで受け入れていただけなかった」と説明した。

 同社は、生産を委託している中国の工場で自治区に立地する施設はなく、綿も生産過程で労働環境が適正に守られたものだけを使っているとしている。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2209819 0 経済 2021/07/15 17:37:00 2021/07/16 00:57:42 2021/07/16 00:57:42 ユニクロ。東京都内で。2021年7月3撮影。 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/07/20210715-OYT1I50133-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)