新宿西口の「顔」半世紀、小田急百貨店本館が来年9月末で幕…跡地に48階建て複合施設

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 小田急百貨店は16日、新宿店本館(東京都新宿区)の営業を2022年9月末に終了すると発表した。新宿駅西口の再開発工事に伴い、建物は解体される。22年10月以降は、近くにある新宿西口ハルクを改装して営業を継続する。

2022年9月末に営業を終了する小田急百貨店新宿店本館(右)(小田急百貨店提供)
2022年9月末に営業を終了する小田急百貨店新宿店本館(右)(小田急百貨店提供)

 新宿店本館は1967年に全面開業。新宿駅西口を代表する建物の一つとして知られてきた。跡地には地上48階、高さ約260メートルの複合施設を建設する。着工が2022年10月以降、完成が29年度の計画だ。

小田急百貨店
小田急百貨店

 新宿西口ハルクは現在、食品やスポーツ用品といった売り場を中心に展開している。22年春以降に順次改装し、化粧品や食品、海外ブランドなどの店で構成する予定になっている。

スクラップは会員限定です

使い方
「経済」の最新記事一覧
2212468 0 経済 2021/07/16 15:07:00 2021/07/16 18:18:04 2021/07/16 18:18:04 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/07/20210716-OYT1I50142-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)