読売新聞オンライン

メニュー

OPECプラス、8月からの減産縮小で合意…供給不足回避へ

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【ロンドン=池田晋一】石油輸出国機構(OPEC)とロシアなど非加盟産油国による「OPECプラス」は18日、オンラインで閣僚級会合を開き、協調減産の段階的な縮小で合意した。8月以降は毎月、減産幅を日量40万バレルずつ縮小する。原油市場で懸念されていた供給不足は避けられる見通しとなった。

OPECプラスの会合後、オンラインで記者会見するサウジアラビアのアブドルアジズ・エネルギー相
OPECプラスの会合後、オンラインで記者会見するサウジアラビアのアブドルアジズ・エネルギー相

 世界需要の約6%にあたる現在の日量580万バレル規模の協調減産は、12月に日量380万バレルまで減る。来年4月までとしていた協調減産の期限は、来年末まで延長することを決めた。原油需要の回復状況次第では、来年9月に協調減産を終了する。主要国の経済活動の正常化に伴い原油需要が高まっており、米国などがOPECプラスの減産縮小を求めていた。

 OPECプラスは当初、7月1日に会合を開き、8月以降の減産計画で合意する見通しだった。しかし、主要産油国のアラブ首長国連邦(UAE)が、協調減産の基準となる自国の産油量が少なく算定されていると主張。来年の減産延長の条件として、産油量の引き上げを求めていた。

 18日の会合では、UAEに加え、最大産油国のサウジアラビアとロシアも来年5月から基準産油量を引き上げることで合意した。

無断転載・複製を禁じます
2216513 0 経済 2021/07/18 21:04:00 2021/07/18 21:13:44 2021/07/18 21:13:44 OPECプラスの会合後、オンラインで記者会見するサウジアラビアのアブドルアジズ・エネルギー相 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/07/20210718-OYT1I50061-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)