読売新聞オンライン

メニュー

米ゴールドマン・サックス、東京・六本木に銀行支店開設へ…法人向け決済など

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 米金融大手ゴールドマン・サックスは9月をめどに、東京・六本木に銀行支店を開設する。法人向けに国際間の決済・送金サービスなどを行う予定だ。

 東京支店は六本木ヒルズ森タワー内に設け、従業員は約350人。グループ会社のゴールドマン・サックス・バンクUSAが運営する。金融庁が7日、同社に銀行業の営業免許を出した。

 ゴールドマンは1974年に東京に駐在員事務所を開いて以来、投資銀行や資産運用業務を行ってきた。同社は「具体的なサービスの内容や開始時期などの詳細は決まり次第公表したい」と説明している。

無断転載・複製を禁じます
2216801 0 経済 2021/07/18 22:25:00 2021/07/18 22:25:00 2021/07/18 22:25:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)