読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

五輪テレビCM、味の素は「流すかどうか未定」…最高位スポンサーのトヨタは見送り

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 トヨタ自動車は19日、東京五輪・パラリンピックに関するテレビCMを国内では放送しない方針を明らかにした。豊田章男社長を含む同社関係者は開会式などにも出席しない予定。トヨタは最高位の「TOPスポンサー(ワールドワイドパートナー)」で、他のスポンサー企業の間でも対応を見直す動きが出始めた。

トヨタ自動車本社
トヨタ自動車本社

 トヨタの長田准執行役員は報道陣のオンライン取材に対し、「色々なことが理解されていない五輪になりつつある。アスリートが集中できることを一番に考えたい」と話した。CMは五輪に対する同社の考え方などを伝える内容で、すでに制作済み。CMの放送が始まっている欧米や豪州では、中止などの対応は取らないとしている。

 トヨタは、選手や関係者の輸送を担う車両3340台の提供といった大会の運営支援は続ける。大会には海外も含めてトヨタ関係のアスリート約200人が出場予定で、自社メディア「トヨタイムズ」を通して応援していく。

 CMについては、味の素も、五輪選手を応援する内容のテレビCMを用意しているものの、「流すかどうかは未定」として、対応を検討中だ。いずれも国内最上位スポンサー「ゴールドパートナー」を務めるNTTやNEC、アサヒビール、野村ホールディングス(HD)は、現時点では放送する予定としている。

 一方、開会式は、感染拡大の状況や多くの競技が無観客開催となったことを踏まえ、味の素やNTT、NECが経営トップらの出席を見送る方針を決めた。アサヒビールや野村HDは、もともと開会式に出席する予定はなかったという。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2219847 0 経済 2021/07/20 01:10:00 2021/07/20 01:10:00 2021/07/20 01:10:00 トヨタ自動車本社。愛知県豊田市で。2020年11月27日撮影。 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/07/20210719-OYT1I50166-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)