読売新聞オンライン

メニュー

ありあけ「横浜ハーバー」五輪バージョンを限定販売…持ち手を付けると応援うちわに

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

五輪仕様のハーバー
五輪仕様のハーバー

 東京五輪開幕を前に、横浜市中区の菓子メーカー「ありあけ」は主力商品「横浜ハーバー」の五輪バージョンを販売している。

 県内では、サッカーと野球・ソフトボール、セーリングなどが行われる。これに合わせて、同社は野球とサッカーの日本代表ユニホームをパッケージにデザインしたハーバーを販売している。開封後、パッケージに付属の持ち手を付けると、うちわとしても使える。

 22日からは、藤沢市などと協力し、ぶどうあんを包んだ「江の島ヨットハーバー」を販売する。パッケージを開くと、江の島周辺の観光マップが描かれている。

 いずれも5000箱限定。同社は「試合は無観客になってしまったが、ハーバーをお供に自宅で楽しんでもらえれば」としている。

無断転載・複製を禁じます
2222123 0 経済 2021/07/20 18:15:00 2021/07/20 18:15:00 2021/07/20 18:15:00 さまざまなしかけが施された五輪仕様のハーバー(横浜市中区で) https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/07/20210720-OYT1I50032-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)