読売新聞オンライン

メニュー

五輪選手村の味、コンビニでも…レシピ活用した商品を23日発売

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 東京五輪・パラリンピック大会組織委員会は20日、選手村で提供されるメニューのレシピを活用した弁当やデザートなどを、23日に発売すると発表した。セブン―イレブンやイトーヨーカドー、ヨークマート、ヨークフーズで販売する。9月5日まで。

アスリートそうめんトマトと蒸し鶏
アスリートそうめんトマトと蒸し鶏

 鶏の胸肉を使った「アスリートそうめんトマトと蒸し鶏」(税込み550円)、さわやかなレモンが香る「鮭ザンギはちみつレモンソースとトマチキ弁当」(同537円)、「おでん夏バージョン」(同388円)、「ずんだdeパンナコッタ」(同246円)の4種類。

鮭ザンギはちみつレモンソースとトマチキ弁当
鮭ザンギはちみつレモンソースとトマチキ弁当

 いずれも選手に食べてもらうために一般の個人・団体から募集した「東京2020みんなのフードプロジェクト」で選ばれたメニュー。実際に選手村で提供されているものをアレンジしたという。

無断転載・複製を禁じます
2221774 0 経済 2021/07/20 16:32:00 2021/07/20 19:40:04 2021/07/20 19:40:04 アスリートそうめんトマトと蒸し鶏(セブン―イレブン側の提供で、クレジットは不要とのことです) https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/07/20210720-OYT1I50097-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)