読売新聞オンライン

メニュー

【独自】ホンダ、8月に鈴鹿での完成車生産を5日間停止…部品調達滞る

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 ホンダが鈴鹿製作所(三重県鈴鹿市)で完成車の生産を、8月に5日間停止することがわかった。世界的な半導体不足に加え、東南アジアの新型コロナウイルスの感染再拡大による部品供給の停滞が影響しているとみられる。

 関係者によると、鈴鹿製作所は8月2~6日に稼働を停止する。軽乗用車「エヌボックス」や小型スポーツ用多目的車(SUV)「ヴェゼル」などを生産しており、生産能力は1日あたり約2000台に上る。9月以降、休日に稼働するなどして生産回復を図る予定だ。

 東南アジアでの新型コロナ感染急拡大は、自動車産業に広く影響し始めている。トヨタ自動車とホンダは、マレーシアでのロックダウン(都市封鎖)を受けて6月1日から現地生産を停止している。インドネシアでは、複数の部品メーカーが減産などの対応を迫られている。東南アジア製の自動車部品は多くの国で完成車生産に使われており、影響は広がる可能性がある。

 半導体不足による生産調整も続いている。自動車大手8社の1~5月の国内生産台数は329万台と、コロナ禍前の2年前に比べて約17%減った。

無断転載・複製を禁じます
2223016 0 経済 2021/07/21 05:00:00 2021/07/21 05:35:40 2021/07/21 05:35:40

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)