読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

トヨタ、愛知の車体工場で一部稼働停止…東南アの感染拡大で部品滞る

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 トヨタ自動車は22日、東南アジアでの新型コロナウイルス感染再拡大の影響で、子会社・トヨタ車体の富士松工場(愛知県刈谷市)の1ラインの稼働を停止すると発表した。

トヨタ自動車
トヨタ自動車

 ベトナムから調達している部品の供給が滞っているためという。7月29、30日、8月2~4日の5日間、ミニバン「アルファード」「ヴォクシー」などを生産しているラインを止める。約3000台の生産に影響が出る見通し。

 トヨタはタイの全3工場でも、感染拡大の影響で21~23日の稼働を停止した。24~28日はもともと連休の予定で、29日以降の操業は今後判断するという。

 トヨタは半導体部品の不足で、「カローラ」などを生産する高岡工場(愛知県豊田市)の1ラインを8月2日から5日間停止することを発表している。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2228452 0 経済 2021/07/23 09:18:00 2021/07/23 09:18:00 2021/07/23 09:18:00 トヨタ自動車本社。愛知県豊田市で。2020年11月27日撮影。 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/07/20210723-OYT1I50035-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)