読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

ボーイング、7四半期ぶり黒字…接種拡大で旅客機需要が回復

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【ニューヨーク=小林泰明】米航空機大手ボーイングが28日発表した2021年4~6月期決算は、最終利益が5億8700万ドル(約650億円)と7四半期ぶりの黒字となった。同社は墜落事故が相次いだ新型旅客機「737MAX」の運航停止やコロナ禍による旅客の激減で、赤字が続いていた。ワクチン接種の拡大で旅行者が増え、旅客機の需要が回復した。

 売上高は前年同期比44%増の169億9800万ドル(約1・9兆円)だった。商用機の出荷が4倍の79機と大幅に増え、業績改善につながった。

 同社は20年初めに約16万人だった従業員数を、21年末までに約13万人に減らす計画だったが、市場が回復傾向にあることから、現在の約14万人の水準を維持すると表明した。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2243699 0 経済 2021/07/29 10:19:00 2021/07/29 12:16:30 2021/07/29 12:16:30

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)