読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

クロマグロ漁獲、日本の増枠提案を支持…作業部会参加の全6か国・地域

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 太平洋クロマグロの資源管理を議論するWCPFC北小委員会(10か国・地域)などの合同作業部会は29日、オンライン形式による3日間の会合を終え、参加した全6か国・地域が日本の増枠提案を支持した。政府は秋以降の会合で最終合意を目指す。

 日米韓や台湾など6か国・地域は会合で、大型魚の来年の漁獲枠を15%増やすことで合意した。日本が来年の漁獲枠について、小型魚と大型魚をともに20%増やすことを提案し、小型魚は資源が減少するとして増枠を見送った一方、大型魚を15%増やすことで一致した。

 日本は2018年から増枠を提案しており、実現すれば、日本の大型魚の漁獲枠は年4882トンから5614トンに増える。最終決定には、今回不参加だった国を含めた全10か国・地域の合意などが必要で、水産庁幹部は「最終合意まで予断を許さない」としている。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2246262 0 経済 2021/07/29 23:43:00 2021/07/29 23:43:00 2021/07/29 23:43:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)