読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

6月の有効求人倍率1・13倍、3か月ぶり上昇…求職者数は3・6ポイント減

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 厚生労働省は30日、6月の有効求人倍率(季節調整値)は1・13倍だったと発表した。前月より0・04ポイント上がり、3か月ぶりの上昇となった。

厚生労働省
厚生労働省

 有効求人倍率は、ハローワークで仕事を探す人1人につき、何人分の求人があるかを示す指標だ。有効求職者数は前月比3・6ポイント減の約200万人に対し、有効求人数は横ばいの約212万人だった。

 有効求職者数の減少について、厚労省は、新型コロナウイルスのワクチン接種が進んでいることが影響しているとしており、「高齢者や子どもと同居する人を中心に、接種後に求職活動を始めたいという動きがある」と分析している。

 実際に仕事をする「就業地別」の有効求人倍率は、福井県が同0・07ポイント増の1・88倍で最も高く、沖縄県が同0・05ポイント増の0・88倍で最も低かった。前月に1倍を下回っていた千葉県が1倍以上に改善し、1倍を下回ったのは東京や大阪など5都府県となった。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2246651 0 経済 2021/07/30 08:50:00 2021/07/30 10:58:32 2021/07/30 10:58:32 厚生労働省、環境省。中央合同庁舎第5号館。東京・千代田区霞が関で。2021年5月3日撮影。 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/07/20210730-OYT1I50034-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)