読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

コーヒー豆相場が急騰、6年半ぶりの高値水準…投資マネー流入も背景に

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 コーヒー豆の国際相場が約6年半ぶりの高値水準となっている。主要産地であるブラジルの寒波でコーヒー豆の生育に懸念が高まっているためだ。世界的な金融緩和による投資マネーの流入も相場上昇の背景にある。国内では値上げの動きも出てきた。

 コーヒー豆の国際指標となるニューヨーク市場の先物価格(アラビカ種)の30日の終値は、1ポンド(約453グラム)あたり179・55セントだった。2015年1月以来の高値だ。26日には207・8セントをつけた。直近の底値となる昨年6月の93セントから約1年で2倍近く値上がりしたことになる。

霜が降りたコーヒーの実(30日、ブラジル南東部・ミナスジェライス州で、ロイター)
霜が降りたコーヒーの実(30日、ブラジル南東部・ミナスジェライス州で、ロイター)

 コーヒー豆の相場は、今年に入って上昇傾向が強まっていた。コーヒーの消費の4割を占める欧米で新型コロナウイルスのワクチン接種が進み、カフェや飲食店の再開が進んだためだ。さらに、冬季にあたるブラジル南東部ミナスジェライス州などが今月、寒波による降霜被害に見舞われ、収穫量が減少するとの見方が相場を押し上げた。

 コロナ禍を受けた金融緩和で市場に資金があふれ、投資先として、コーヒー豆や大豆、小麦といった国際的に取引される商品に資金が流れ込んでいることも要因だ。

残り:328文字/全文:953文字
読者会員限定記事です
新規登録ですぐ読む(読売新聞ご購読の方)
無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2250661 0 経済 2021/07/31 13:37:00 2021/07/31 13:37:00 2021/07/31 13:37:00 Frosted leaves and coffee cherries hang on coffee crops that were affected by frosts as a strong cold snap hit the south of the top Brazilian producer state of Minas Gerais, in Varginha, Brazil, July 30, 2021. REUTERS/Roosevelt Cassio https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/07/20210731-OYT1I50081-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)